故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

生前整理

このページでは、生前整理のメリットをまとめています。

生前整理のメリットとは

生前整理を考える高齢者人は死を意識する年齢になると、多かれ少なかれ、身辺の整理を始めるもの。遺言や生前贈与などはもちろん、処分に労力がかかりそうなものは、あらかじめ整理してしまおうと考える人が、増えています。

故人の住居に遺品が手つかずのまま残されていると、遺族には少なからぬ負担となります。できることから少しずつ、始めていきましょう。

本人が行う場合

「まだ頭も体も元気なうちに、片付けられるものは片付けてしまおう」。これは、とても健全な発想です。

こまごまとした生活雑貨はもちろん、後々、遺族にとって心理的な負担になりかねないもの(「これを捨ててしまったら、悪いのではないか」といったものなど)は、検討のうえで処分してしまうことも大切。また貴金属や高価な骨とう品などについては、生前贈与しておくことで、無用な争いを回避することもできます。

プライバシーに関わる品も、後で露見して家族を困惑させることのないよう、処分してしまうといいかもしれません。

【本人が行う生前整理のメリット】

  • 自分の判断で、処分するものと遺すものを決められる。
  • 時間をかけて、ゆっくりと作業を行えるので、他人に負担をかけない。
  • ひとつの生きがいになる。

家族が行う場合

まだ命はとりとめていても、退院の目処が立ちそうもない、認知症を発症している、などの場合は、話し合いの上で家族が生前整理を行うこともあります。

特に認知症の場合、家がゴミ屋敷と化してしまったり、特殊清掃が必要なほど汚れてしまうこともあります。大きな問題に発展する前に、生前整理を進めた方が良いかもしれません。

【家族が行う生前整理のメリット】

  • 本人の意思をある程度確認しながら、作業が行える。
  • 悪臭や火災など、周囲に迷惑がかかる事態を未然に防げる。
  • 対象者の死後よりは、余裕をもって作業を行える。

いかがでしょうか?生前整理は個人の意思や作業スピードを調整しやすいので、メリットが多いのです。

とは言え、不用品の中には大型家具や家電など、処分が大変な品も多く含まれています。専門の整理業者に依頼することで、スムーズな生前整理を実現していきましょう。

「優良遺品整理業者の正しい選び方」を読む>>