故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

不用品の処分

遺品など、不用品の処分を業者に依頼する場合に知っておくべきポイントを徹底調査しました。

不用品の処分を業者に依頼する場合

故人の遺品を整理する場合、大型の家具や電化製品の処分に困ると思います。リサイクルショップに買い取ってもらえる場合もありますが、古くて値段の付きそうもないものは、廃棄するよりほか、道がありません。

そんな時に人気なのが「廃品回収業者」です。宣伝カーやチラシなどでその存在はよく見かけるので「一度依頼してみようか」と、考える人が多いかもしれません。これらの業者は、どのぐらいの金額で回収を請け負うのでしょうか。その相場を見てみましょう。

【不用品回収業者の価格例】

トラック

  • 出張費
    …3,000~5,000円程度
  • 回収費
    テレビ…4,000~5,000円
    冷蔵庫…6,000~8,000円
    洗濯機…5,000~7,000円
    エアコン…4,000~6,000円
    ソファ…3,000~5,000円
    タンス…4,000~5,000円など

不用品回収業者のほとんどは「無許可」

不用品回収業者を利用するにあたり、注意しなくてはならない点があります。それは「法律」。一般家庭から出た廃棄物の処分には、非常に厳しいルールが設けられています。以下の行為を防止するためです。

  • 不法投棄
  • 不適正処理(環境に有害な物質発生の可能性がある)
  • 不適正管理による火災発生

積極的な広告宣伝を行っている不用品回収業者のほとんどが、上記のような迷惑行為を行っている可能性があります。彼らのサービスを利用することは法律違反に相当し、場合によっては共犯として実刑や罰金を申し渡されます。安易な利用は避けましょう。

法律に則った不用品処分とは

一般ごみとして回収できない不用品は、粗大ゴミとして処理することになります。自治体によってルールは異なりますが、基本的に有料です。また家電の場合は「家電リサイクル法」によって、環境に優しいリサイクルを実現できますが、これも有料です。

つまり不用品回収業者に頼むにしろ、自分で手続きを踏むにしろ、処分は有料なのです。「面倒くさいから」という理由だけで、法律を犯すのはNG。

中には市区町村の環境課にあらかじめ連絡を入れ、正しい不用品処分をサポートしてくれる業者もいます。「誰かの手を借りたい」場合は、こうした優良業者を選ぶようにしましょう。

「優良不用品処分業者の正しい選び方」を読む>>