故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

遺品整理・お部屋片付け

このページでは、遺品整理業者が行う作業の内容を調べています。

遺品整理業者の作業内容

遺品整理を検討故人の住居には、たくさんの遺品が残されています。近隣に住む親族がいれば、業者の助けを借りずに済むかもしれません。しかし多忙だったり、遠方だったりする場合は、なかなか手が付けられないもの。

住居が賃貸である場合、早急な作業が求められてもいます。やはり「遺品整理の専門業者」に依頼するのが、スムーズと言えるでしょう。

遺品整理業者の依頼先を定めたら、問い合わせや見積もり、そして契約を行います。その後当日を迎えるわけですが、一体どのようにして作業を行うのか、確認してみましょう。

作業前のあれこれ

遺品整理は、周囲から見ると「引っ越し作業」に似ています。そのため、あらかじめ業者に希望を出しておけば、近所への挨拶回りやエレベーターなどへの養生を行ってくれます。

また「なるべく内密に行いたい」という場合、近所の人に「お引越しですか?」と尋ねられたとしても「片付けの依頼です」などと、曖昧に返答してもらうこともできます。

遺品の分別

遺品は貴重品と不用品に大別できます。しかし不用品と思われる衣服や引き出しの中に、思わぬ貴重品が隠れていることもあります。

低価格を謳っている業者は分別が大雑把なので、不用品と判断したものはどんどんまとめ、処分に回してしまいます。あらかじめ室内の詳細を確認し、分別も進めておきましょう。

作業が丁寧な優良業者は、衣服のポケットから引き出しひとつに至るまで、きちんと中身を確認したうえで分別を進めてくれます。作業を丁寧に行ってほしい場合は、質の高いサービスをモットーにしている業者を選びましょう。

不用品の処分

大量に出た不用品の処分には、いくつかの方法があります。

  • 廃棄…
    一般家庭から出た不用品の処分は、自治体ルールに従う必要があります。
    ずさんな業者は「産業廃棄物」と偽って、処分を進めてしまいますが、
    これは犯罪行為です。加担しないようにして下さい。
  • 買取やリサイクル…
    まだ使用可能な商品に関しては、業者が買い取ってくれる場合もあります。
    またリサイクル(発展途上国への寄付など)を提案する業者もいますが、
    これは「国内での廃棄より安上がり」という理由だけで
    「現地ではさほど歓迎されていない」場合が多いようです。慎重に検討を。
  • 供養やお焚き上げ…
    一部の不用品に、故人の面影が強く残っている場合があります。
    優良業者は、寺院などに依頼して供養/お焚き上げを代行してくれますので、
    積極的に活用しましょう。

清掃

作業終了後には、簡易清掃が行われるのが一般的です。

こちらは料金内のサービスですが、オプションで専門的な清掃や原状回復に対応可能な業者もいます。住居内の様子や、今後の使用予定を鑑みたうえで、利用を検討しましょう。

「優良業者の正しい選び方」を読む>>