故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

料金体系と費用目安

遺品整理を業者に依頼すると、料金がどのくらいかかるのかを調べました。

多くの時間と労力を要する、遺品整理。専門業者に依頼すれば、短期間で作業が完了するので、大変便利です。「でも費用はどのくらいかかるの…?」と心配になる人もいるでしょう。

一般的に遺品整理は、個人が居住していた家の広さや、遺品の量、そして当日必要な作業人員によって規定されていることが多いようです。その一例を見てみましょう。

広さ 作業人員 費用平均
1K 1名 約4万円
1DK 2名 約6万円
1LDK 3名 約10万円
2DK 3名 約11万円
2LDK 4名 約16万円
3DK 5名 約17万円
3LDK 5名 約21万円
4DK以上 6名以上 約23~27万円

いかがでしょうか。もちろん部屋数が多くなれば、上記金額より費用が嵩むこともあります。

また業者によっては、見積もりの際に遺品の量を推し量り、携行するトラックの大きさでプランを組む場合もあります。詳細は業者により異なってきますので、問い合わせ前に公式サイトなどで計算法をチェックしておくことを、忘れずに。

料金面で気を付けたいこと

国内には、数多くの遺品整理業者が開業しています。中には、上記の費用平均を大きく下回る金額を提示してくる業者もいるでしょう。

某かのサービスを利用する際は「できるだけ安く」と考えがちなので、思わず魅力を感じてしまいそうです。

しかし、低価格にばかり惹かれていると、後で不快な思いをする可能性があります。

低価格すぎる業者を選ばない方が良い理由

  • 作業を早く済ませようと雑になるため、
    貴重品や思い出の品もまとめて処分されてしまう。
  • 手間と費用をカットするため、廃棄処理を無許可で行っている場合が多く、
    気付かないうちに法律違反に加担してしまう。

いかがでしょうか?

遺品整理は、あくまで故人の思い出の品を処分する機会。故人や遺族にきちんと敬意を払う業者を選ぶ方がベターです。「低価格すぎる業者=ビジネスライクで雑な作業」といっても言い過ぎではありません。

また、「一般廃棄物である遺品」を「産業廃棄物」と偽り、収集/運搬/処分している「違法行為」に、気づくことなく加担してしまうケースもあります。

こうした点もふまえ、遺品整理業者選びは慎重に行うべきでしょう。

次の記事を読む
「優良業者の選び方」