故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方
正しい遺品整理業者選び方ガイドHOME » 遺品整理とは » 遺品整理の流れ~依頼から契約~

遺品整理の流れ~依頼から契約~

遺品整理を業者に依頼する際の流れについて紹介します。

遺品整理の依頼から契約、支払いまで

同居していない家族が亡くなった場合、住居には多くの遺品が残されています。そのほとんどは生活必需品や大型家具などになるので、不要なものは処分しなければなりません。

これは、引っ越し以上に大変な作業。

特に、遠方の場合は移動も含め膨大な時間が必要になります。

そんな時役立ってくれるのが、遺品整理の専門業者です。住居内の遺品を貴重品と不用品に大別し、不用品の処分サポートや清掃を行ってくれます。

ぜひ活用したいサービスですが、実際に依頼する場合、どのような流れになるのでしょうか。以下に、時系列で紹介していきます。

1.問い合わせ
電話やホームページ経由で、問い合わせを行います。
対応から判断し「お願いしたい」と思ったら、見積もりを依頼します。

2.見積もり
部屋数や遺品の量などを伝えることで、見積もりをしてもらいます。
必要となるスタッフの数などが算出され、金額が提示されることになるでしょう。
特別な申し入れがある場合は、このタイミングできちんと伝えておく必要があります。

3.契約
事前に契約書を確認できる場合が多くなっています。
見積もりの内訳や、作業内容の説明などが記載されているので、
しっかり目を通しておきましょう。

4.作業当日
作業開始前にスタッフとミーティングを行い、契約書の内容を確認してください。
作業後に遺品を市町村の処分場に持ち込む場合は、依頼者の立ち合いが必要です。

5.支払い
作業料を支払います。事前振込や当日現金払いなど、方法は契約により異なります。

いかがでしょうか?専門業者の作業なら、遺品整理は1日~数日で済んでしまう場合がほとんどです。これなら遠方でもスムーズで確実な作業が行えそうですね。

とは言え、巷には数多くの遺品整理業者が存在しています。中にはあまりおすすめできないサービスも…。

直接的に被害をこうむるケースは少ないものの、丁寧とは言えない作業に不満が残る場合も多いようです。

依頼をする際には、遺品の分別方法や、法律遵守の姿勢など、事前に確認しておくべき「優良業者の条件」をふまえて選ぶことが必要です。

次の記事を読む
「料金体系と費用目安」