故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

現場見積もり

このページでは「遺品整理の見積もり」について調べています。

花と鳥故人の住居に残された大量の遺品整理は、遺族にとって大きな負担になります。賃貸住宅の場合は契約解除を急がねばなりませんし、持ち家の場合でも税金や資産価値低下の問題がつきまとうので、早めに整理を進めた方が良いからです。しかし遠方の場合は、スケジュールを調整するだけでも、ひと苦労です。

そんな時に活用できるのが、遺品整理業者。大型家具や家電品の処分をサポートし、こまごまとした不用品を処分/買取に回してくれますので、遺族も新しいスタートが切りやすくなります。特に思い出の残っている品に関しては、供養を行ってくれる業者もありますよ。遺品整理は、ただでさえ気の重い作業。プロの力を借りてスムーズに済ませてしまいましょう。

とは言え、巷には数多くの遺品整理業者が存在しています。どこを選べばよいのか迷ってしまいますし、料金も気になるでしょう。そこでまず、問い合わせの際に見積もりを取ります。

【遺品整理の見積もりの際、あらかじめ準備しておきたいこと】

  • 大型家具や家電などに関しては、種類や点数を紙に書いてまとめておく。
  • 特殊清掃が必要な場所や、供養してもらいたい品がないか、決定しておく。

遺品整理は近年発展し始めた業界なので、料金体系は会社により、マチマチ。明確なガイドラインがありません。ですから安易に決定せず、慎重に検討する必要があります。

【遺品整理の見積もりの際、確認したいこと】

  • 見積もりを無料で行っているか。
  • 見積もり以上の金額が請求されることはあるのか。
  • 料金の計算法は?(品目ごと、トラックごとなどの計算法があります)

上記を確認しながら話を進め、最低でも2~3社から相見積もりを取るかたちで、業者を絞り込んでください。

なるべく避けたい現場見積もり

作業当日前にスタッフが訪れ「現場見積もり」を行う業者は、数多く存在しています。利用者にとってはありがたいサービスで「わざわざ申し訳ない」と感じる人がいるかもしれません。

しかし一部の悪徳業者は、下見の際に「価値のありそうなもの」を品定めしている可能性があります。そして作業当日、遺族に気付かれないように運び出し、換金してしまうのです。

現場見積もりを行う業者のすべてが悪徳とは言えませんが、できれば「電話やネット経由で丁寧な見積もりを行う業者」を、選ぶようにしましょう。