故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方
正しい遺品整理業者選び方ガイドHOME » 遺品整理の事例・体験談集 » 遺品整理でよくあるトラブル事例

遺品整理でよくあるトラブル事例

遺品整理の際に発生したトラブル事例を紹介していきます。

遺品整理のトラブルメーカーここ数年で、急激に増加した遺品整理業者。

高齢化社会を迎え、需要が大きく拡大した結果と言えますが、業界としてはまだ歴史が浅いため、さまざまなトラブル事例も報告されています。

1.高額請求

見積もりの際の金額は妥当だったのに、作業終了後に多額の追加料金を請求されるというケース。中には「見積金額と数十万円の開きがある」場合も…。怖いですね。

このような被害に遇わないためにも、事前に費用体系を確認することが必要。また追加料金が発生することはないのか、あるとしてもどのような場合なのかを、きちんとチェックしてから契約を結んでください。

2.高価な遺品を無断回収

悪徳業者のなかには、遺品整理の際に思わぬ貴重品を発見しても、依頼人には告げずに持ち帰って着服してしまうところもあるのだとか。また作業が雑で、衣服や収納などに貴重品が残されていた場合でも、よく改めずに不用品として処分してしまう業者もいます。

業者に問い合わせる際は、どのような勤務姿勢や作業工程で遺品整理にあたっているのか、しっかりと確認を。より丁寧な業者を選ぶようにして下さい。

優良業者は、衣服のポケットの中までをきちんと改め、貴重品が出た場合には必ず遺族に報告してくれます。

3.不法投棄

遺品整理の際に出た不用品を、不法投棄している業者は数多くいます。不法投棄は周囲の迷惑になるだけでなく、環境にも悪影響を与える犯罪です。

優良業者は、法律に則った不用品処分を行っています。自治体の環境課や一般廃棄物の処理許可を得ている業者と提携し、作業にあたってくれるのです。

無意識に犯罪に加担しないためにも、契約前に「不用品はどのように処分するのか」確認してください。

上記のようなトラブルに遇わないためにも、業者の公式サイトや評判、そして問い合わせ時の対応などはよく見極める必要あり。費用に関しても、数社から相見積もりを取るぐらいの慎重さが必要です。

また故人の遺品を見るのがつらい気持ちはわかりますが、「2.高価な遺品を無断回収」のような被害に遇わないためにも、作業当日前にある程度の分別を行っておくようにしましょう。