故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

貸主側・借主側がおこなうべきこと

このページでは、賃貸物件で孤独死が生じた場合、大家や遺族は「まず何をすべきなのか」をリサーチしています。

賃貸物件での孤独死の場合は、隣家の住人が異臭に気付き、家主に知らせた結果、発覚するケースが多くなっています。その時点で、死後かなりの時間が経過しています。

大家編

大家がまずすべきことは、現場の確認です。警察官の立ち合いを求めた方が何かとスムーズですが、110番通報してしまうとパトカーが来るので、周囲に事情が知れ渡りやすくなります。これは後々の入居者募集にあたり、大きな障害へと発展しかねないので、慎重に…。なるべく最寄りの交番へ足を運び、事情を話し警官を同伴した上で、内部を改めてください。

現場で孤独死が確定したら、警察による現場検証と遺体の運び出しを待ちます。

事件性がないと判断されたら、まずすべきことは現場の清掃です。特に悪臭の元となるような体液が大量に残っている場合は、居室の資産価値を下げるばかりでなく、他の入居者の迷惑にもなるので、早急に手を打たなくてはなりません。

遺族編

親族が孤独死したと連絡を受けた場合、遺族はすぐ現場に駆け付けるのが筋ですが、距離などの問題でスムーズに進まないケースは多いようです。

賃貸物件の場合、後々の処理を円滑に行うためにも、まず清掃することが必要です。孤独死の現場で行われるのは「特殊清掃」なので、床材やクロスの取り換え費用や、消臭用薬剤の散布などが伴います。そのため、通常のルームクリーニングより費用は高額になります。思わず「支払いはどうなるんだろう…」という疑問が湧いてくるでしょう。

しかし現場に立ち会えなくても、後に発行される請求書の内訳を見たうえで、交渉を行っていくことは可能です。まずは周囲に迷惑がかからないよう、清掃を進めることが先決なのです。

いかがでしょうか?賃貸物件で発生した孤独死の現場で、まずしなければならないのは「清掃」だということが、わかっていただけたかと思います。

とは言え、大家側でも遺族側でも、死体発生現場の清掃を自力で遂行するのは、ほぼ困難。プロの「特殊清掃専門業者」に依頼する必要があります。その後の遺品整理まで、まとめて頼める優良業者も存在していますので、すぐに問い合わせを検討してください。

信頼できる遺品整理業者を見比べる>>