故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

賃貸物件の場合

賃貸物件で孤独死が発生した場合、残された人々が行う後処理について調査していきます。

賃貸物件で発生する孤独死

考える男高齢化社会を迎えている日本。20年後には、3人に1人が高齢者になると言われています。また過去数十年の間に、婚姻件数が大きく下回っていることから、家族を持たない高齢者の数が、年々増え続けていることもわかります。

独居の高齢者を取り巻く状況は、とても深刻です。社会の中で孤立してしまうと、体調などが悪化しても周囲に気付いてもらえず、孤独死を迎えやすくなるからです。

「東京都23区内だけで、1日に10件前後の孤独死が発生している」という衝撃的なデータも公表されているので(東京都監察医務院による)、もはや他人事とは言えませんね。

また住居が賃貸物件である場合、さらに問題が大きくなります。死亡事故が発生してしまうと、居室自体の資産価値が大きく下落してしまうからです。

賃貸物件のオーナーである以上、こうした事態は当然予測しておくべき。とは言え、その経済的/心理的な負担は想像に難くありません。借主にしてみれば「人が死んだ部屋なんて…」と敬遠したくなるのが、人情だからです。

以下のページでは「賃貸物件で孤独死が発生した場合、大家や遺族はまず、何をすべきなのか」を考えています。戸惑う遺族のサポートには、プロの特殊清掃/遺品整理業者が役立ちますし、両方の業務をワンストップで依頼できるところもあります。

また賃貸物件での孤独死にまつわる、さまざまな問題を解決するのは、やはり「金銭」になってきます。残された親族や保証人にとっても、経済的な負担は避けられない問題。オーナーとの間にトラブルが発生するケースも多いので、知識を深めておく必要があります。孤独死にまつわる損害賠償とは、一体どのようなかたちで請求されるのか、そしてトラブルが発生した場合にはどのように解決すべきなのかをまとめていますので、ぜひご一読くださいね。