故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方

空き家を処分する場合

このページでは、家主の孤独死によって、空き家になった家の処分法を調査しています。

お悩み中高齢化社会の進行に拍車がかかっている、近年の日本。その上昇傾向は、今後20年近く続くと見られています。また人々の生活様式にも大きな変革が訪れており、結婚を選択しない人が増えています。こうしたさまざまな要因が積み重なり、独居する高齢者の孤独死は、今後ますます増えていくことが予想されます。

家主を孤独死で失くした家は、空き家となります。不動産として親族に受け継がれるのが一般的ですが、お互いの拠点が離れていて、簡単に引き継ぐのは難しい、というケースもあります。しかし、空き家の処分はできるだけ急いだほうが良いのです。

【空き家の処分を急いだ方が良いワケ】

  • 多額の税金がかかる
    2015年に施行された『空き家対策特別措置法』により、空き家には更地の6倍にあたる額の固定資産税がかかるようになった。
  • 住宅の劣化が進む
    雨漏りや昆虫の発生などで、家全体の劣化が進む。いざ処分しようとした時、資産価値が消失している場合も。
  • 犯罪を招きやすい
    放火や不法侵入、不法投棄など、犯罪の現場になりやすい。

忙しさにかまけて処分を先送りにした結果、トラブルや大損を招かないよう、注意しなくてはなりません。では空き家となった家は、どのように処分すべきなのでしょうか。その方法を見ていきましょう。

【空き家の処分法】

  • 親族の誰かが住む…
    ★メリット一戸建てを購入することなく、マイホームが手に入る。
    近年の建売よりも広々とした空間で生活が可能。
    ★デメリット遠方に引っ越さなければならない可能性がある。
    親族間での調整が必要。
  • 賃貸物件として管理する…
    ★メリット継続的な家賃収入が見込める。
    ★デメリット管理が大変。リフォーム費用に数百万円が必要。
  • 売る…
    ★メリットまとまった金額が手に入る。
    ★デメリット親族間での意見調整や、利益分配が面倒。

どの方法が最善かはケースバイケースですので、よく検討の上で早めの処分を。

さて、実際の処分が決まったら、まず家屋内の遺品整理が必要となってきます。一戸建ての遺品整理は一大作業。遠方の場合は、そう何度も訪れることができませんから、専門業者にサポートを依頼しましょう。1日~数日できちんと整理が完了し、遺族も新しいスタートが切りやすくなりますよ!

遺品整理・特殊清掃の専門業者を見比べる>>