故人に胸を張って報告できる、遺品整理の方法とは

  • ホーム
  • 遺品整理とは
  • 事例・体験談
  • 孤独死の遺品整理とは
  • 優良業者の選び方
正しい遺品整理業者選び方ガイドHOME » 孤独死の場合の遺品整理

孤独死の場合の遺品整理

孤独死の場合の遺品整理や処分、必要になる手続きなどについて、特集しています。

悩む女近年、社会問題となりつつある、孤独死。身寄りのない高齢者や、配偶者を亡くして独居していた高齢者が、誰にも看取られぬまま息を引き取るというケースが多発しているのです。

当然、発見が遅れ、なかには何週間も経って、臭いなどの状況から初めて気づかれる例も少なくないのです。

全人口の中で高齢者の占める割合が増加し続け、高齢者の独居世帯も増えている日本では、今後ますます孤独死の発生率が高くなると予想されます。

他人事ではなく自分の問題として「孤独死」への理解を深め、万一の事態に備えておく必要がありますよ。

本カテゴリでは、孤独死を2つのケースに大別し、コンテンツを作成しています。

賃貸物件の場合

貸主側・借主側がおこなうべきこと

居室が孤独死で汚れてしまった場合、まずすべきこととは、何なのか?リサーチしていますので要注目です。貸主・借主、両方の立場から、解説していきます。

もしもトラブルになったら

貸主から請求される損害賠償の支払いをめぐり、トラブルが生じることがあります。借主/貸主双方の立場から見た、トラブル解決法を紹介しています。

持ち家の場合

家主の遺族がおこなうべきこと

賃貸住宅での孤独死ではなかったからと言って、安心はできません。遺族が早急に行うべきことについて、まとめています。持ち家が負の遺産とならないよう、ぜひご一読ください。

空き家を処分する場合

家主が不在となった空き家はどのように処分すべきなのか?近年増加傾向にある空き家。処分を急いだ方が良い理由や、その方法について詳しくまとめています。

孤独死には、さまざまなケースがあり、そのケースごとにすべき対応は変わってきます。

しかし、ひとつだけ共通点があります。それは、早期に対応することです。

いざという時、適切な判断と行動をとるためにお役立てください。